HOME > 国際 > アメリカのトランプ人気やイギリスのEU離脱騒動から見える世界的右傾化の影

アメリカのトランプ人気やイギリスのEU離脱騒動から見える世界的右傾化の影

タグ:アメリカ イギリス  投稿:2016年06月17日
イギリスのEU離脱の是非を決める国民投票まで残り1週間と迫りましたが、ここに来て初めてEU離脱派が優勢になったと報じられました。
EUには様々な問題もあるでしょうが、それでもヨーロッパが1つの枠組みになって行動していくことは、国際的な協力という意味ではとても良い試みだったはずです。
このような国際的枠組みから世界有数の国家であるイギリスが離脱となれば、世界的な国際協調の足元を揺るがしかねません。

一方、イギリスの盟友であるアメリカでは、政治家としての資質に大きな問題がありそうなドナルド・トランプ氏が二大政党の一角である共和党の公認候補に選ばれ、ナショナリズムを煽るような発言を繰り返し物議をかもしだしています。
世界に目を向ければ、フィリピンでも『フィリピンのトランプ』と呼ばれ過激な発言を切り返すロドリゴ・ドゥテルテ氏が大統領に選ばれました。
中国では今週1週間で、日本、インド、ベトナムで領有権の係争地に軍部が侵入するという信じられない行動を起こしています。
我が国・日本の安倍晋三首相も、近年の首相の中でもっとも右寄りの人物です。

アフリカや南米の政治状況はよく分かりませんが、上記の国際的な政治的情勢を鑑みるに、現在の世界は少なからず右傾化してきている様子が伺えしれます。
その理由にはいくつかな原因があるのでしょうが、いずれにせよ、各国がナショナリズムや民族主義が過度に煽った結果に行きつく先は戦争しかありません。

もし第二次世界大戦終結70年を経て人類が出した答えが再びの戦争と言うのなら、それはあまりに愚かな行為と言わざるを得ず、大きな懸念を感じるばかりです。

ヨーロッパ統合と国際関係 [ 木畑洋一 ]
価格:4104円(税込、送料無料)

posted by 3 at 08:06 | Comment(1)
この記事へのコメント
戦争は 陣取りゲーム お互いに 引き篭るなら 何故にぶつかる 大義にて 自由と平和 掲げ行き 他国に向けて 戦争多発


Posted by かみかわ at 2016年06月20日 23:17
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス(任意):

コメント: