HOME > 社会 > 結婚年齢引き上げ問題と若年層への結婚・出産差別

結婚年齢引き上げ問題と若年層への結婚・出産差別

タグ:差別 結婚 出産  投稿:2016年09月16日
先月放送された、NHKスペシャル『大アマゾン最後の秘境 第4集』で、取材班が未だ文明社会と接触したことのない原住民を間近でカメラに捉えることに成功し、ネット上では大きな話題となりました。
この原住民との接触に成功した取材班は、かつてアマゾンの奥地で文明とほとんど遮断された原住民(上の原住民とは全く別)の村で、述べ150日間生活を共にするとう挑戦的なドキュメント制作をしたこともあります。
そのドキュメントの中で14歳の少女が出産をするのですが、村ではこれが平均的な初産年齢だそうです。
おそらく人間が持つ本能的な部分では、この程度の年齢で出産することが普通であり、人類が誕生してからのほとんどの期間で、このような年齢での出産が行われてきたのでしょう。

さて、現在日本における女性の結婚可能年齢引き上げが検討されているとのことです。

結婚できる年齢を男性は18歳、女性は16歳とした民法の規定について、金田勝年法相は9月2日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正に伴い、男女とも18歳にする方向で検討する方針を明らかにした。
引用:http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/02/marriage-age_n_11842676.html - ハフィントンポスト

確かに現在の社会情勢を見ると、女性の結婚可能年齢を18歳にするとうことは納得ができます。

しかし私は、義務教育が終了した時点で人は大人として扱うべきと考えています。
国が教育の責任を追わない以上、それが終了した時点で大人として扱うことが筋だと思うのです。
ですので、婚姻どころか、選挙権、被選挙権、運転免許証の取得なども、中学を卒業した時点で全て可能するべきだと考えますし、少年法の適応も中学を卒業した時点で外すべきだと考えます。(例外的に、身体的に問題があるアルコールとタバコだけは医学的な見地が必要だと思います。そもそも私はお酒も飲まないしタバコも吸わないので、このことについては深い関心がないのだが・・・)
それができないのなら、義務教育期間を伸ばすか、中学での留年を積極的に導入するなどの措置を行うべきだと思います。


話は変わりますが、近年の日本社会は、10代で結婚や妊娠・出産した人に対し、無意識的な差別があるように感じます。
1人1人ではその意識が強くなくとも、社会全体では大きな差別になるような感覚、もう少し具体的な言い方をすれば『社会の冷たい目』があるように感じるのです。
特に出産に関しては、子供という明確な証があるので『社会の冷たい目』顕著に現れるように感じます。
前記したように、人間の本質的な初産年齢が14歳程度である以上、法で定めても18歳未満で出産する人は多数出てくることでしょう。
ただでさえ、社会的に謂れなき差別を受ける可能性が高いそのような人たちに対し、法的にも更なる差別を重ねることが正しいのでしょうか?
私は、若い人たちの結婚や出産に対し冷たい目を浴びせる社会より、若い人の結婚や出産を心から祝福する社会こそが正しいと思います。

私が近年の日本社会に感じた違和感について、少し具体的な話をします。
先月私がネットの番組を見ていたところ、22歳の彼氏がいると発言した32歳の女性に対し、28歳の女性が『そんなの犯罪ですよ』と発言していました。
また別のネット番組で、30代半ばの女性がものすごく若いときに結婚していたと告白し、その年齢が24歳だと発言したことがありました。
その年齢に、そんなに若くないとのツッコミあったのですが、それに対し26歳の女性が『めちゃくちゃ若いですよ』と言い返していました。
今の感覚では、24歳での結婚は『めちゃくちゃ若く』、32歳の女性が22歳の男性と付き合うことは『犯罪』なのでしょうか?
もしそうであれば、10代で結婚や出産した人に対する社会の目は相当厳しくなるかもしれませんし、14歳で出産することが普通であるアマゾンの原住民などに対しては、もはやまともな人間として見ることすらできない可能性も感じてしまいます。

現在の日本における初婚平均年齢は、男性31.1歳、女性29.4歳(厚生労働省が発表した2013年のデータ)で、初産の平均年齢は30.7歳(厚生労働省が発表した2015年のデータ)です。
このように高齢結婚・高齢出産化した現在の状況は、人間の持つ身体の本質的な部分と比べあまりにかけ離れていますし、初産の平均年齢が40年で5歳上がったということも(1975年の平均初産年齢は25.7歳)、身体的変化と比べあまりにかけ離れた現象かと思います。
ましてや、この年齢はさらに上がっていくと予想されているのですから、恐怖すら感じてしまいます。
もしこれから先、初産年齢の平均が35歳や40歳になったら、それは人体的に相当異常だと思いますし、社会的にも到底正しいとは思えません。

現在の日本人は、1人1人が、若い世代への結婚や出産に対する認識を変えていかなければならない時期に来ているのではないかと思うばかりです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

10代の母というライフスタイル [ 大川聡子 ]
価格:4536円(税込、送料無料) (2016/9/17時点)

タグ:差別 結婚 出産
posted by 3 at 11:15 | Comment(2)
この記事へのコメント
中学生 金八先生 犯罪に 子供産むなら 初潮で可能 売れ残り 溢れるニッポン 男女共 子供が子供 産むの許さず


Posted by かみかわ at 2016年09月23日 21:37
義務教育終了で全ての権利を与えるですか。
主張は分かります。

俺も高校生くらいは
大人として扱うべきと考えていますから。

それぞれの提案が大胆ですねぇ。
実に興味深い。

Posted by ゴールド サークル at 2016年10月02日 21:14
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス(任意):

コメント: