HOME > 芸能 > 数字は正直? 東国原英夫氏の俳句盗作疑惑に対する意見

数字は正直? 東国原英夫氏の俳句盗作疑惑に対する意見

タグ:俳句  投稿:2018年07月08日
元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が先日のTBS系列のバラエティ番組『プレバト!!』で発表した俳句と、昨年の6月27日に発行された宮崎日日新聞という地方紙に掲載された俳句に極めて近い類似性が認められ、東国原氏が盗作したのではないかとの疑惑が指摘されています。
俳句は、上五、中七、下五という言葉の構成で文章ができていますが、今回東国原氏が発表した俳句は、類似性が指摘されている俳句と中七と下五が完全に一致し、上五もほぼ同一となっています。
このことに対して東国原氏は、Twitterで以下のように説明しました。






私からすると上記の東国原氏の主張は承服しがたいものがあります。

現在、1日でどれくらいの数の俳句が世に出るかは正直誰にもわかりません。
新聞や雑誌などの数を考えて1日平均1000句程度なのかと想定してみましたが、『第二十九回伊藤園おーいお茶新俳句大賞』の募集数が195万4223句であったことを考えれば、もっと多いのかもしれません。(当然、募集された全ての俳句が公表されるわけではないが)
更に現在はインターネットによりあらゆる情報が溢れ出ているので、想定を遥かに上回る量の俳句が世に出ている可能性もあります。
とは言え、今回東国原氏の俳句と類似性が認められた俳句は、新聞(地方紙)というある程度大きなメディアに掲載されたものなので、観る人の数が少ない個人ブログは世に出る俳句の対象外と考えて問題ないでしょう。

いずれにせよ社会に出てくる俳句の数はわかりようもないので、1日1万の俳句が社会に出るとして、それが100年間続いたと仮定します。
そうすると、
10000句×365日×100年
これに閏年24回分も含めると、

3億6524万句

が過去に誕生したこととなります。
さて皆さんにお聞きしたいのですが、3億6524万って天文学的な数字でしょうか?
今日日、宝くじでもこれ以上の当選金が出る時代で、私は3億6524万という数字が天文学的な数字だとは到底思えません。


一方、俳句の可能性についても考えてみます。
今回、東国原氏の俳句と宮崎日日新聞に掲載された俳句は、下五に使われた3文字が完全に一致していました。

↓完全一致していた下五
顔に×
宮崎日日新聞平成29年6月26日号

この一致率について簡単に考えてみます。

俳句に使われる日本語は、一般的に
・常用漢字
・ひらがな
・カタカナ
・濁音(ひらがな/カタカナ)
・半濁音(ひらがな/カタカナ)
更に俳句で1文字として扱われる『しゃ』や『ひょ』などの拗音や、拗音に含まれない『っ』などの小さい仮名文字である捨て仮名などを合わせると、なんだかんだで

2367文字

になります。
この2367文字を3文字ランダムに組み合わせると

132億6156万4863通り

です。
当然俳句は文字をランダムに並べるだけのものではありませんが、しかし実際の俳句の文字数はもっと多いわけですし、今回の俳句は上記したように『×』などという記号も使われています。
その点も踏まえれば、俳句ではあえて旧仮名や常用漢字以外の漢字を使うこともあり、こういった可能性まで考えれば生まれる俳句は正に天文学的な可能性があるわけです。

その天文学的な俳句の可能性と比べれば、過去に生まれた俳句の数など塵のように小さいものです。

数字に対して多少の興味を持つ人にとっては、今回東国原氏が主張していることはあまりにも幼稚と言わざるを得ません。
しかも今回の俳句は、たった1年前に自身が知事を務めたこともある宮崎県の地方紙に掲載された俳句です。
このような状況下で該当の俳句を全く知らなかったと主張することは、犯罪捜査における被告人が、状況証拠も揃いDNA鑑定も一致しているのに、それを偶然の一致だと主張するに等しいレベルの話です。

現在、東国原氏の主な仕事は情報番組やワイドショーなどのテレビコメンテーターのようですが、こんな主張をする人に情報番組やワイドショーなどのテレビコメンテーターが本当に務まるのでしょうか?
もし務まると言うのなら、それは情報番組やワイドショーなどのコメンテーターは誰でも良いという意味であり、強いてはこの手のTV番組が地に落ちることを意味していると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

確率論入門 (ちくま学芸文庫) [ 赤摂也 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/9時点)


タグ:俳句
posted by 3 at 21:29 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス(任意):

コメント: