HOME > 社会 > ゲームをする大人は極刑に処せ? 子どもの遊びを奪う大人たちについて

ゲームをする大人は極刑に処せ? 子どもの遊びを奪う大人たちについて

タグ:ゲーム 大人  投稿:2018年07月23日
前記事で、かなり荒唐無稽なことを書いたので、今回もついでに荒唐無稽な主張をしたいと思います。
その主張とは、

テレビゲームをした大人(20歳以上)を死刑に処す

というゲーム禁止法を作ることです。(ポータブルゲームを含む)
※以下、ゲーム=テレビゲーム+ポータブルゲームという意味になります。

正確には、ゲームをしている大人を発見ししだいガンシューティングゲームのように銃殺にします。
当然、こんなこと本気で思っているわけではありませんし、実現するはずもありません。
あえて極端に言っているわけですが、最近のゲームに対する捉え方や考え方には相当の違和感を感じるているのは事実です。

皆さんの周りでも、最近、趣味がゲームと言う大人が多くなっていませんか?

古い考えと言われるかもしれませんが、基本的にゲームは子供がする遊びもしくはおもちゃだと思います。
日本におけるテレビゲームの先駆け的存在である『ファミリーコンピューター(ファミコン)』が発売された当初、テレビゲームは明らかに子供の遊び道具でした。(麻雀などのソフトも、保護者が購入しやすいようにしただけで大人向けではない)

そんな子供の遊びを大人が奪ってどうするんだよ!

と、私は思うわけです。


更に近年は、ゲームをeスポーツなどと称し、オリンピック競技化を目指す団体もあるそうです。
参照:IOC、eスポーツ参入で議論
しかし、これはさすがにないだろうと考える人たちも多いそうで、当然私もその1人です。

正直な話、大人がゲームをしても結構なのですが、ただ、大人がゲームをすることに寛容すぎる社会は異常だと思うわけです。
小学生になってもおしゃぶりをしていたらおかしいと思うのと一緒で、大人がゲームをすることをおかしいと思う社会のほうが正常なのではないでしょうか?


そして、これはゲームに限らず漫画やアニメなども同じです。
別に少年漫画や子供向けアニメを大人が見てもいいのですが、『少し後ろめたく見ろ』と言いたいわけです。
ディズニーランドなどもそうです。
普通の遊園地ならまだしも、極めて子供向けのアニメキャラクターを題材にした遊園地に、『大人だけで行って何が楽しいんだよ』と思うわけです。
別に、大人がゲームをしても、漫画やアニメを見ても、ディズニーランドに行ってもいいのですが、それが普通な社会になってはダメだろうと感じます。


ようは、今の大人は子供化しているということなのでしょう。
『結婚もせず、子供も作らず、一生、子供のままで生きていく』
こういった大人が現実的に増えているわけですが、それをおかしいとも思わない社会はさすがに病的である指摘せざるを得ません。


最後に1つだけ付け加えたいのですが、私はゲームに対して全く知識がなく嫌悪感を示しているわけではありません。
私も子供の頃はよくゲームをしていて、学生時代はゲームを作る仕事を就くことが夢でした。
特に好きだったのはRPGで、その勉強のため世界中の武具(剣や盾など)や想像上のモンスターなどについての本を買い漁って調べたり、プログラミング技術についても勉強していました。
しかし結局そういう道には進まず、ゲームは大人になってキッパリやめました。

なので、ゲームの楽しさを全く知らずにこのようなことを書いているわけではないということは、付け加えさせていただきます。

タグ:ゲーム 大人
posted by 3 at 20:29 | Comment(0)
【社会の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
↓お名前

↓メールアドレス(任意・非公開)

↓ホームページアドレス(任意)

↓コメント